メニュー

頭痛、片頭痛の診断・治療

日本人の3~4人に1人が頭痛持ちと言われています。

頭痛には、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などの頭痛があり、それぞれ症状が異なります。

緊張型頭痛

頭痛の症状を訴える方の多くが緊張型頭痛です。

精神的・身体的ストレスや筋肉の緊張などが複雑に絡み合っておこる頭痛と考えられています。

後頸部からはじめる鈍痛で、肩こりを伴うことが多いのが特徴です。

アセトアミノフェン、ロキソプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、解熱鎮痛薬、筋弛緩薬(きんしかんやく)、抗不安薬、抗うつ薬、漢方薬の服用による治療や、ストレッチなどの運動による治療等があります。

片頭痛

男性よりも女性のほうが症状を訴えることが多い頭痛です。日常生活に影響があり、動くとがんがん響いてつらく寝込んでしまうこともあります。

吐き気がして実際吐いてしまうこともあります。また光、音、においに過敏になることもしられています。

治療は、軽症なら緊張型頭痛と同様の鎮痛剤を内服し、強い発作時にはトリプタン製剤を使用します。バルプロ酸などの抗てんかん薬、カルシウム拮抗薬、抗うつ薬などを片頭痛の予防に使用することもあります。

群発頭痛

1年から3~4年に数回程度、1か月から数ヶ月に渡る「群発期」に毎日のように決まった時間に発症する場合が多いのが特徴です。片頭痛と同様の治療や副腎皮質ステロイド製剤の内服が効果がある場合があります。

薬物乱用頭痛

片頭痛や緊張型頭痛の方が急性期頭痛治療薬を乱用することにより、かえって頭痛頻度や持続時間が増加して慢性的に頭痛があるようになった状態です。治療は、原因となった薬剤を中止し、他の薬に変更して適切な量を使用したり、片頭痛予防薬を内服したりしますが、再発したり治療が困難なことも多いです。

自己判断せずに当院にご相談ください

頭痛は、上記で紹介した頭痛以外にも、くも膜下出血、髄膜炎、大きな脳出血など、重症となったり死に至る危険性があるものがあります。

当院では、短時間で頭部CT検査を行い、検査直後にくも膜下出血や脳出血の診断を行うことができます。

特に普段とは異なる強い頭痛の場合、速やかにご来院のうえ、ご相談いただくようお願いいたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME