メニュー

新型コロナウイルスワクチンについて⑪

[2021.08.27]

さいたま市では、8月24日から40歳代の方の予約が開始になったようです。
その日、予約状況を朝から診療の合間にチェックしておりましたが、朝から次々に枠が埋まっていき、夕方には当院の11月6日までの予約枠は一杯になってしまいました。
比較的若い世代の方は、予約が早いことは予想されたことですが、さすがに今の状況では、ワクチン接種をためらうよりも希望される方が圧倒的に多いようです。

予約サイトをチェックしてみると、空きのある医療機関が数秒単位で更新されていきます。
これは、医療機関側で予約枠を増やしている場合もあると思いますが、少しでも早い日に予約するために、予約とキャンセルを繰り返し行っている方がいるためとも思われます。
まだ予約できていない方は、場所にこだわらずに予約できるところをすぐに選択すれば、キャンセルとなったところで予約できるかもしれません。

医療機関によっては、1分当たり1枠などの割合で、かなりの数を公開しているところもありましたが、相当職員数も多く、待機場所も広いのでしょうか。
普通の個人医院でそのように行うのは困難と思われますが、現在の状況を非常事態と考えると、とにかく数を多く行うという選択肢もあるかもしれません。
ただ、そうした医療機関でも10枠以上の残り枠が数分でなくなるような状況でした。

市のホームページでは、9月3日から12-39歳の方の予約が始まる予定とされていますが、その時点では、ほとんど予約ができないのではないかと危惧されます。
職場や学校などで職域接種ができる方は、ぜひ可能なところで接種を行っていただくとよいと思います。

よく言われていることですが、ワクチン接種をしたとしても、感染しないわけではありません。たとえ自分は重症化しなくても、他人にうつし、その人が重症化する可能性もありますので、全ての方に、十分気をつけて感染予防対策をしていただきたいと思います。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME