メニュー

姿勢の大切さ、中心線を意識する②

[2021.02.06]

良い姿勢を保つことは、脳や身体の健康にも良いと言われています。
背筋を伸ばし、良い姿勢を保つことで、脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンが脳内に分泌され、脳を覚醒状態にして短期的な記憶力や集中力が高まったり、精神的に落ち着いたりします。
身体全体にとっても、力学的に安定することで疲労しにくく、運動生理学的にもエネルギー消費が少なくなることにより効率よく活動でき、美学的にも良いため周囲の評価も上がるかもしれません。

そうは言っても、なかなか普段から意識して良い姿勢を保つというのは難しく、自分もしっかりできているわけではありません。
自分の以前の画像を見ると手本になるようなものはなく、反省するばかりですが、少しずつでも意識して、良い姿勢を保っていきたいと思っています。



最近はコロナウイルス流行の影響で、直接道場に行くことはできておりませんが、インターネット(zoom)を利用した指導もされているので、コロナウイルスの感染が心配な方も安心して指導が受けられます。
最初は、オンラインでの空手ってどうなのだろうと思いましたが、リモートなので、熱くならずに、冷静に姿勢や動き方などを意識して行うことができて、良い面もあると思います。
また、実際に組手をして痛いのは苦手という方にも良いかもしれません。
ただ、直接道場に足を運んだ方が、より内容は濃くなりますので、可能な方は道場に行かれることをお勧めします。
今のところ、一般部(中学生~成人)は人数も少ないので、個別に丁寧な指導を受けることができます。
極真館さいたま環状支部(浦和、東浦和 http://kyokushinkan-un.com/)、お勧めいたします。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME