メニュー

アルツハイマー型認知症の新薬「レカネマブ」とは?①

[2023.01.22]

先日、アルツハイマー型認知症の新薬について、大きく報道されていました。
日本の製薬会社のエーザイの開発したアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」が米FDAによって承認されたとのことです。
エーザイは日本国内でも1/16新薬承認申請を行ったと発表しました。

認知症の方やそのご家族は、わらにでもすがる思いで、新薬について期待されていることと思いますが、実際に「レカネマブ」とはどのような薬なのでしょうか。

近年、アルツハイマー病研究の有力な仮説となっているのが、「脳内で生成されたタンパク質が分解された『アミロイドβ』の長年に渡る蓄積が脳細胞を死滅させ、アルツハイマー病を引き起こす」というものです。
レカネマブは、このアミロイドβ仮説に基づいて開発された抗体薬です。

「アミロイドβ」は、脳の中で10年以上の時間をかけて、1つ1つの粒のようなものが徐々に集まりながら、繊維状の固まりになって蓄積していきます。
これまで開発されてきた多くの薬は、繊維状の固まりになった「アミロイドβ」を取り除くよう設計されていましたが、「レカネマブ」は繊維状になる前の「プロトフィブリル」という段階で結合するように作られています。

早期のアルツハイマー病(軽度認知障害:MCIと軽度のアルツハイマー病)の1795人を対象とした18カ月間の試験では、レカネマブを投与された人はCDR-SB(認知症の重症度を評価する18段階の基準)の変化度で偽薬を投与された人と比較して27%の悪化抑制効果を示し、さらに、全ての重要な副次評価項目でも有意な結果を出していました。

主要評価項目と副次評価項目の両方で有意な結果を出したのは、アルツハイマー病薬では初めてのことで快挙のようです。
1年半で、約4分の1ということは、4.5か月分ほど進行を抑制するということになるでしょうか。
それが多くの人に実際に使用できるようになれば、確かに、すごいことかもしれません。

(次回、その薬の課題についてご説明します)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME