メニュー

院長ブログ

アスリートの素晴らしい活躍を家で応援しましょう(2021.07.30更新)

オリンピックが盛り上がっています。
連日のメダル獲得で、テレビではほとんどがオリンピックについての報道です。
柔道、ソフトボール、卓球、水泳、体操、サッカー、野球、テニス、バスケットボールなど、どの競技も熱戦が繰り広げられており魅力的です。

色々目移りするので、ある競技を見ている間に、他の競技のいいシーンを見逃してしまうこともあります。後で結局録画を見ることはできるのですが、リアルタイムで見ていないと少し残念な気がします。

特に自分が学生時代にやっていた柔道は面白く、連日の金メダルで、すごい状況だと思います。
近年、導入された延長戦では、本戦と合わせて10分以上になることもあり、まさに気力と体力、持久力の勝負となり、本当に大変だと思います。
柔道は、お互いが全力で組み合うので、4分の試合でも腕の筋肉がパンパンになり、かなり消耗します。
10分以上の試合をして、またしばらくして何回も試合をするというのは、普段から相当の練習をしていないと無理だと思います。

そもそも柔道の稽古はかなりきつい上に、トップクラスの選手たちは長時間にわたり稽古しているため、その努力は並大抵のものではないと思われます。
そうした背景があった上でメダルを獲得できれば、試合後のインタビューで、感極まって涙を流したりするのは当然であり、見ている方も胸が熱くなってきます。
残念ながら途中で負けてしまった選手については、多くは報道されませんが、その悔しさや今までの道のりを想像すると、また違った感情がこみあげてきます。

それは、他の競技でも同様です。スポーツを観戦するのは、競技それ自体の面白さもありますが、そうした背景を想像することで、より深みが出てくるのだと思います。



一方、新型コロナウイルス感染症が急速に拡大しています。
オリンピック開催については、多くの反対意見もあったと思いますが、すでに開催されている現状においては、皆が家で選手たちを応援すべきだと思います。
盛り上がった雰囲気の中、つい外出したり、集まって祝杯を上げたりしたくなる方もいると思いますが、感染して重症化し、親しい人に感染させてから後悔しても遅いです。
オリンピックで日本を応援する気持ちと同様に、皆で一丸となって、今一度、気を引き締めていきたいものです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME