メニュー

認知症の診断・治療

認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、

日常生活・社会生活を営めない状態」をいいます。

認知症の原因としてはアルツハイマー病が最も多いとされますが、様々な疾患が認知症の原因になりえます。特に、中枢神経系に病巣をもつ次の疾患が代表的です。

  • アルツハイマー型認知症
  • 脳血管性認知症
  • レビー小体型認知症
  • ピック病など前頭側頭型認知症

その他、うつ病の仮性認知症、抗コリン薬・向精神薬などを長期に内服することによる薬剤誘発性の認知症、稀ですがスピロヘータ、HIVウイルス、プリオンなどによる感染症による認知症などもあります。

認知症の治療

認知症の根本的な治療は現在でも難しいですが、病状の進行を遅らせ、症状を調節するような薬を用いることはできます。日常生活を出来るだけ穏やかに過ごせるよう、ご本人・ご家族様と一緒に考えていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME